名古屋市での普及は

名古屋市は、観光都市としても商業都市としても、中部地方の中心的役割を果たす都市だと思います。
その名古屋市で太陽光発電が普及していくことの意味は、かなり大きいのではないでしょうか。
原子力発電所の事故以来、原発をなくそうという機運が高まり、その結果多くの原発がいまだ稼働を許されていません。
国民に感情的にも受け入れられないということがその理由ですが、結果的には化石燃料に頼る電力生産に切り替わり、燃料の負担が家計に電気料金値上げという形で跳ね返っています。
かといって安全確認がされないまま、そして災害から原子力発電所をいかにして守るかという対策がなされないまま、再稼働されることにも不安が残ります。
そうなると、家庭や企業で積極的に自然エネルギーを採りこみ、電気を作る方法を模索するほかありません。
名古屋市にある住宅や企業が、基本的にすべて太陽光発電で電気を作ることができるようになれば、かなり電力生産事情は変わると思います。
また、名古屋市のような都会でそれを成し遂げると、同じような政令指定都市で太陽光発電の導入が加速度的に進んでいく可能性もあります。
名古屋市がよりクリーンなエネルギーで経済活動をしていくことができれば、観光にもメリットが生まれると思います。
名古屋市で太陽光発電によって電力をまかなう方法を確立できたら、それが近隣の都市や都道府県に飛び火し、ひいては日本全国に100匹目のサル現象を起こしてほしいものです。

This entry was posted in 太陽光発電のメリット.

Comments are closed.