愛知県の補助金と日照量。

愛知県で太陽光発電を設置しようとしたら補助金や日照量を調べなくてはなりません。
日照量に関して、愛知県は恵まれています。
日本で7番目に日照量が多い県です。
一番目の日照量と7番目の愛知県の差は4%くらいの違いです。
これくらいの差はあってないようなものでしょう。
愛知県の補助金は、他の都道府県と少し違っていて、市町村の補助金を補助すると言った形です。
市町村の補助金の約4分の1程度を市町村の補助すると言った感じの補助金です。
例えば、名古屋で4kwの容量の発電量の太陽光発電の補助金を申請すると、名古屋市の補助金は1kwにつき20000円で、80000円の補助が受けることができます。
そのうち20000円は愛知県の補助金と言うことになります。
岡崎市での補助金は、1kwにつき20000円で、これは名古屋市と同じですが、その上限が60000円となっているので、名古屋市よりも少ない補助金になっています。
豊田市の補助金は、少し名古屋市や岡崎市よりも条件が良くて、1kwにつき30000円です、その上限が120000円となっています。
このように補助金はその市町村によって違いがあります。
太陽光発電においては、日本全国同一と言えるのは、国の補助金と売電の単価です。
売電の単価は契約した年の単価が10年間継続できます。
これは太陽光発電を設置しようとしている人にとっては有利な条件です。
少し高めの売電単価を設定しているので、それが10年間継続されたら初期費用の回収も早まります。
愛知県で太陽光発電をしようと思ったら、すぐに始めるべきです。

This entry was posted in 太陽光発電のメリット.

Comments are closed.