システムメーカーを選ぶときの注意点

日本の家屋は形状が様々である事が特徴となっています。
特に注文住宅については住宅の設計段階から設計士と建て主が話し合って、自分の希望する形状の住宅を作り上げていきます。
地域によって適している屋根の形状というものもあり、積雪の多い北国では雪を落とす場所を考えて屋根面が平面だったり2面であるのに対し、愛知県のように積雪を想定する必要のない地域では屋根面が東西南北にそれぞれ面する寄棟屋根が好まれるでしょう。
愛知県で太陽光発電システムを設置する時には、設置するソーラーパネルは屋根面により日光の当たる量が異なるので、発電量に差が出る事を念頭に置くとよいでしょう。
太陽光発電システムの製造メーカーによっては、それぞれの屋根面単位で発電した電気を変換するのではなく、屋根に設置したソーラーパネルを全部一括で管理し、発電した電気を変換するシステムを採用しているメーカーもあります。
一括管理方式は購入時の初期費用は安いのですが、発電した電気を無駄にしてしまいロスが多い欠点がありますから、注意が必要です。

This entry was posted in 春日井市で太陽光発電.

Comments are closed.